プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 運営スタッフ紹介 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 サイトマップ


   プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 > 光ファイバーとは? > 光ファイバー&IP電話で節約

光ファイバー&IP電話で節約


光ファイバーのメリット&デメリットの「メリット5」でも書きましたが、光ファイバーを契約すれば、光ファイバー接続インターネットにプラスして、光電話(ひかり電話)IP電話を利用することができます。



なお、ADSLの時と違い、光ファイバー回線で光電話(ひかり電話)やIP電話を利用する場合には、NTTの電話回線が必要ありませんので、NTTの電話契約を解約することができます。




また、ひかり電話ではナンバーポータビリティ制度が利用できますので、それまでNTTの固定電話で利用していた電話番号を、そのまま光電話(ひかり電話)で使用することもできます。


ですから、電話番号が変わってしまう心配もありません。


※ 住んでいる地域や環境によっては、ナンバーポータビリティが利用できない場合もあります。また、IP電話の場合には、ナンバーポータビリティ制度は利用できず、プロバイダーから新たに与えられる、050から始まるIP電話番号を利用することになります。





では早速、光ファイバー&IP電話を利用した場合と、光ファイバー&NTT電話を利用した場合の料金の違いを比較してみたいと思います。





※ 東日本、西日本で料金が異なっています。
※ 光ファイバーの月額料金は、環境やコースによって料金が異なります。
※ IP電話機器レンタル料とは、IP電話を利用するための機器レンタル料のことです。
※ IP電話ではなく、NTT光電話を利用する場合には、少し料金が高くなります。





いかがでしょうか?


こうやって比較してみると、どうせ光ファイバーを利用するのであれば、NTT電話の方も解約して、光ファイバー回線を利用したIP電話に替えてしまった方が、料金が安くなることがわかると思います。



光ファイバーで通信速度が最大100Mbps〜1Gbps(1000Mbps)になった上に、月々の電話料金まで節約できると思うと、光ファイバーの利用は一石二鳥と言えます。


さらに、プロバイダーの期間限定キャンペーンを利用すれば、初期費用まで無料になる場合も多いので、それも考えると、まさに一石三鳥です(笑)。



【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:10,000円】インヴァスト証券FX、口座開設+1取引だけ!
【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!

【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【サイト限定】FXプライム byGMO口座開設+取引で【合計13,000円】
【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!


【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:16,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債






プロバイダー選び入門






光ファイバーの選び方


光ファイバ プロバイダ比較


高速モバイル通信


プロバイダーを徹底解説



当サイトについて


 Copyright(C) 2016 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 All rights reserved