プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 運営スタッフ紹介 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 サイトマップ


   プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 > (電話加入権不要タイプ・ADSL専用タイプ)

ADSL(電話加入権不要タイプ・ADSL専用タイプ)


ADSLとは、「一般の電話回線を使用して、インターネット接続をする仕組み」だと書きましたが、ADSLには、



・ 既に利用しているNTT電話回線を利用するタイプ
・ ADSL専用にメタル回線を利用する「電話加入権不要タイプ(ADSL専用型)」



の2種類があります。



NTTの電話加入権を持っていない方や、NTTの固定電話(一般電話)を利用しないという方なら、この、電話加入権不要タイプのADSLを利用するという選択もあります。




…ただ、電話加入権不要タイプのADSLには、電話回線共用タイプのADSLにはないメリット・デメリットがありますので、あらかじめ確認しておきましょう。




電話加入権不要タイプADSL メリット1:電話加入権が必要ない

NTTの電話加入権とは、NTTの電話を利用する「権利」で、NTTから直接購入するか、もしくは、人に売ってもらったり、電話加入権の販売業者から購入するなどして、手に入れることができます。


この電話加入権が安ければ問題ないのですが、NTTから購入する場合、NTTの電話加入権の価格は、なんと!37,800円です!


とても買おうとは思えませんよね?(笑)


ですから、NTTの電話加入権のお金を節約したいという方なら、電話加入権不要タイプのADSLのご利用をお勧めいたします。




電話加入権不要タイプADSL メリット2:手続きが一本化される

NTTの電話回線と共有で利用する通常のADSLは、

・ NTTと電話契約
・ プロバイダーとADSLサービスの契約

の2つの契約をしている状態なので、例えば、引越をする時には、NTTに電話の利用休止の申込みをして、プロバイダーにも解約の申込みをするという、2つの手間が発生します。



また、引越後にADSLを利用する場合も同様に、まず、NTTに電話の利用開始の手続きをして、それから、プロバイダーにADSLサービスの申込みをする必要があります。



電話加入権不要タイプ(ADSL専用型)のADSLを利用していれば、プロバイダーに申込みをすれば、それで全てが完結するので、通常のADSLのような手間が発生しません。

また、料金の支払いもプロバイダーに払うだけで済みますので、住所変更や引落し口座の変更、クレジットカードの変更も手間が少なくて済みます。




電話加入権不要タイプADSL メリット3:電話が利用できる

プロバイダーによっては、電話加入権不要タイプ(ADSL専用型)のADSLで、IP電話が利用できる場合があります(例:Yahoo!BB)。


これを利用すれば、NTTの電話加入権なしで、インターネット接続ばかりでなく、固定電話までもが利用できるようになります。






電話加入権不要タイプADSL デメリット1:料金が高くなる場合がある

逆に安くなるプロバイダーもありますので、これは一概には言えないのですが、プロバイダーによっては、電話回線共有型のADSLよりも、電話加入権不要タイプのADSLの方が、若干ですが、料金が高くなる場合があります。


ただ、500円以上も高くなるわけではなく、たいてい、数十円〜200円程度の範囲内に収まります。




電話加入権不要タイプADSL デメリット2:立会い工事が必要

電話回線共有型のADSLの場合は、NTTの局社内工事だけで済んでしまうので、ADSL申込後のNTT工事日に家にいる必要がありません。


しかし、電話加入権不要タイプのADSLの場合には、申込者の立会いの元で工事が行われますので、その時間にのみ、家にいる必要があります。


もちろん、立会い工事の日にちは、こちらが指定することができます。




電話加入権不要タイプADSL デメリット3:利用までに時間がかかる

電話加入権不要タイプのADSLは、電話回線共有型のADSLに比べて、申込〜利用開始までの日数が1週間〜2週間ほど長くなります


ですから、引越先などで電話加入権不要タイプのADSLを利用したい場合には、住所が決まり次第、できるだけ早く申込みをしておくことをお勧めします。


参考 : ADSLプロバイダ 乗換(解約)方法




電話加入権不要タイプADSL デメリット4:IP電話の利用に注意

電話加入権不要タイプのADSLのメリット3にて、電話加入権なしで電話が利用できる点について触れましたが、一つ注意があります。


それは、「同じプロバイダー利用者同士であれば、IP電話の通話料が無料になる場合の条件について」です。



電話回線共有型のADSLの場合は、


NTTの電話番号:052〜、03〜など
IP電話番号:050〜


のどちらに電話をかけても通話料が無料になりましたが、電話加入権不要タイプでIP電話を利用している場合には、電話をかける先が同じプロバイダーを利用していても、050〜の番号に電話をかけなければ、無料通話になりません。



ですから、相手が同じプロバイダーだからと安心して、何も考えずに何時間もNTTの電話番号に電話をかけてしまうと、通話料がドンドン加算されていきます。

ですから、電話加入権不要タイプのADSLを利用している場合には、同じプロバイダーを使っている相手に、NTTの電話番号ではなく、IP電話番号を聞いておくようにしましょう。



【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:10,000円】インヴァスト証券FX、口座開設+1取引だけ!
【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!

【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【サイト限定】FXプライム byGMO口座開設+取引で【合計13,000円】
【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!


【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:16,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債






プロバイダー選び入門






光ファイバーの選び方


光ファイバ プロバイダ比較


高速モバイル通信


プロバイダーを徹底解説



当サイトについて


 Copyright(C) 2016 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 All rights reserved