プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 運営スタッフ紹介 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 サイトマップ


   プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 > IP電話とは?

IP電話とは?


IP電話(アイピー電話)とは、電話回線ではなく、インターネット回線を利用した電話のことです。


距離に関わらず全国一律の料金(通話料が安い)
同じプロバイダーのIP電話同士の通話は、無料


というのが大きな特徴で、現在では、かなり普及してきています。




料金比較 NTT BBフォン(IP電話) NTT光電話
初期費用 電話加入権 無料
(ADSLに付属)
プロバイダーによる
月額基本料 1,522.5円
〜1,837.5円
無料
(ADSLに付属)
504円〜
同じ電話同士 無料
市内通話 8.925円 8.3895円 8.4円
市外通話 21円〜31.5円 8.3895円 8.4円
県外通話 21円〜84円 8.3895円 8.4円
携帯電話 17.85〜21円 21〜26.25円 16.8〜18.9円
米国 9円 7.99円 9円
中国 29円 32円 30円
韓国 30円 31円 30円
タイ 45円 48円 45円
電話転送
(月額)
住宅用:525円
事務所:840円
300円 525円




IP電話のメリット

・ 距離に関わらず全国一律の料金(通話料が安い)
・ 同じプロバイダーのIP電話同士の通話は、無料
・ 今までの電話機がそのまま使える
・ 住所が変わっても、同じ電話番号を利用できる



IP電話のデメリット

・ 110番など、緊急電話への通話ができないプロバイダーもある
・ 0120など、フリーダイアルへの通話ができないプロバイダーもある
・ 電源が必要なので、停電時には利用できない




以上がIP電話の主な特徴ですが、このIP電話が有料サービスか、それとも、無料サービス(プロバイダー加入と同時に付いてくる)かどうかは、各プロバイダーによって異なっています。




ちなみに、ほとんどのIP電話サービスでは、利用と同時に「050」から始まる電話番号が与えられ、それが、自分のIP電話番号となります。つまり、NTTの電話回線を使用している場合には、「通常のNTTの電話番号と、050番号の2つ」を持つことになります。



なお、IP電話の場合には、同じIP電話サービス(プロバイダー)同士であれば通話料が無料になるのが一般的ですが、電話番号を見ただけでは、相手がどのプロバイダーを使用しているのか判断するのは、無理ですよね?


そこで利用したいのが電気通信番号・通信事業者検索サービスです。



電気通信番号・通信事業者検索サービスを開いて、相手の電話番号を入力すれば、相手が利用しているプロバイダーが何であるか予想できます。ぜひ、活用してみて下さい。




参考 : ADSL+IP電話は必要か?
    : 光ファイバー&IP電話で節約
    : ADSLプロバイダー IP電話 比較
    : 光ファイバー IP電話 通話料比較



【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:10,000円】インヴァスト証券FX、口座開設+1取引だけ!
【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!

【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【サイト限定】FXプライム byGMO口座開設+取引で【合計13,000円】
【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!


【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:16,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債






プロバイダー選び入門






光ファイバーの選び方


光ファイバ プロバイダ比較


高速モバイル通信


プロバイダーを徹底解説



当サイトについて


 Copyright(C) 2016 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 All rights reserved