プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 運営スタッフ紹介 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 サイトマップ


   プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 > 光ファイバーとは? > 光ファイバーを選ぶポイント

光ファイバーを選ぶポイント


基本的には、ADSLを選ぶ際のポイントと同じなので、コチラを参考にして頂きたいのですが、光ファイバーを選びの特有のポイントもありますので、この点について書いていきたいと思います。




戸建て・分譲マンション、賃貸マンション・アパートのどちらか?

自分(家族)所有の一戸建て・分譲マンションに済んでいる場合、将来、引越をして家から出て行く可能性は低いので、光ファイバーを一度引いてしまえば、その後に余計なお金(回線撤去費用など)がかかる心配はありません。



しかし、これが賃貸マンション・アパートとなると、後で引越をする可能性が高いですから、光ファイバーが最初から「建物の設備」として設けられている場合を除き、引越時には、自分が部屋に引いた光ファイバーを撤去する工事が必要となります。


光ファイバー回線を撤去する際の工事代金については、初期費用と同額程度の料金がかかる場合も多いですし、引越先で、また新たに光ファイバーを引く手間とお金が発生しますから、負担としては、かなり大きなものになります。



ですから、賃貸マンション・アパートに住んでいる方は、


・ 引越時(解約時)に回線を撤去する時には、いくらかかるのか?
・ 引越先で同じ光ファイバー接続を使う時には、初期費用はいくらか?


この2点について、あらかじめ聞いておくことをお勧めします。




マンションタイプの場合、LAN配線方式・VDSL方式のどちらか確認!

光ファイバーのマンションタイプの場合、マンション内の光ファイバー配線が


・ LAN配線方式 (LANケーブルを使用した配線)
・ VDSL方式 (電話回線用のメタル回線を使用した配線)



のどちらになっているかで、下記のように最大通信速度が変わります。


・ LAN配線 : 最大100Mpbsの通信が可能
・ VDSL配線 : 最大100Mbps・70Mbps・50Mbpsのどれか




ですので、マンションタイプを利用する場合には、申込む前に


・ プロバイダーに配線方式がどちらになっているのか?
・ VDSL方式の場合は、最大通信速度が何Mbps出るようになっているのか?


この2点を確認しておきましょう。




マンションタイプの場合、既に何人の利用者がいるか?

光ファイバーの場合には、同じマンション内での利用者数が多ければ多いほど、料金が安くなります



ただ、安くなる条件として、一般的に、「同じマンション内において8〜16人以上の利用者がいること」が挙げられているので、自力でこの条件を満たそうと思うと、そう簡単にはいきません。

自分を除いて、同じマンションの住人を15人も勧誘するなんて、そう簡単にできることではありませんからね(苦笑)。



もちろん、大きなマンションの場合、最初から8〜16人以上の利用者がいる場合もありますので、プロバイダーに申込みをする前に、自分が住んでいるマンションに、現在、何人の利用者がいるのか聞いてみることをお勧めします。


そして、既に8〜16人以上の利用者がいるのであれば、光ファイバーの月額料金が安くなっている可能性が高いので、積極的に、利用を検討してみても良いと思います。




マンションタイプの場合、基幹回線の速度と利用者数を聞く

大きなマンションの場合、光ファイバーを利用している人数も、かなりの大人数になると思います。



光ファイバーのメリット&デメリットのデメリット1でも書きましたが、たいていの光ファイバーのプロバイダーでは、「100Mbps〜1Gbps(1000Mbps)の光ファイバー回線を最大32人で共有して使う」という方法をとっています。



つまり…


・ 光ファイバー:最大1Gpbs÷32人=31.25Mpbs
・ 光ファイバー:最大100Mpbs÷32人=3.125Mpbs
ADSL   :最大:50.5Mpbs÷1人=50.5Mpbs



という状態になり、逆にADSLよりも通信速度が遅くなってしまう場合があるのです。



ですから、マンションタイプで光ファイバーを利用する場合には、


・ そのマンションには、何本の光ファイバー回線が導入されているのか?
・ 導入されている光ファイバーの基幹回線は、何Mbpsなのか?
・ 現在、そのマンション内に何人(何世帯)の利用者がいるのか?


この3点を確かめるようにしましょう。




導入されている光ファイバーの基幹回線が1Gbps(1000Mbps)であれば、最大32人で利用しても、1人当たり31.25Mbpsのスピードが出ますが、光ファイバーの基幹回線が100Mbpsであれば、通信速度は3.125Mpbsしか出ません。


これでは、光ファイバーを使う意味があまりないので、この点は重要です。




初期費用はいくらか?

ADSLの場合には、無料〜数千円で済んだ初期費用ですが、これが光ファイバーとなると、無料〜3.5万円程度と、一気に値段が跳ね上がります。

こうなると、ちょっと簡単には決められない金額ですよね?



ただ、プロバイダーの中には、光ファイバーの初期費用を無料にするキャンペーンや、半額にしてくれるキャンペーンを行っているプロバイダーもありますので、各プロバイダーの「キャンペーンの内容」を確かめることが大切です。


もちろん一番お勧めなのは、初期費用が無料であるプロバイダーです。




IP電話(光電話)が利用できるかどうか?料金はいくらか?

光ファイバー&IP電話で節約でも書きましたが、光ファイバーにプラスして、IP電話や光電話が利用できれば、月々1,522円〜1,785円の料金がかかるNTTの固定電話を利用休止して、電話代を節約することができます。


どうせ光ファイバーを使うのであれば、光ファイバー&IP電話にしてしまった方がお得です。



ですから、光ファイバー接続サービスを提供しているプロバイダーと契約する前に、IP電話(光電話)が利用できるかどうか確認しておきましょう。

そしてもちろん、月額料金や初期費用も忘れずに確認しましょう。




光ファイバー利用開始までの「つなぎADSL」は準備できたか?

光ファイバー開通までの通信手段は?でも書きましたが、光ファイバーを利用する場合には、申込〜利用開始まで、1ヶ月〜3ヶ月程度の日数がかかります。


「光ファイバーが開通するまでには、別にネットは必要ない」


という方であれば、光ファイバーが利用開始になるまでの「つなぎ」は必要ありませんが、学校の課題や仕事でインターネットを利用している方や、趣味としてインターネットを利用している人にとっては、「つなぎ」を準備しておく必要があります。



つなぎとしては、ADSLがベストですが、中には短期間での解約に違約金を設けているプロバイダーもありますので、つなぎのADSLを利用する場合には、この点には気を付けて下さい。


違約金がなければ、光ファイバーが利用開始となった時に、「光ファイバーを使うことにしたので、解約をお願いします」とプロバイダーに連絡すれば、何のペナルティもなく解約できます。


なお、ADSLの解約の流れについては、ADSLプロバイダ 乗換(解約)方法を参考にしていただけると光栄です。



【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:10,000円】インヴァスト証券FX、口座開設+1取引だけ!
【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!

【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【サイト限定】FXプライム byGMO口座開設+取引で【合計13,000円】
【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!


【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:16,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債






プロバイダー選び入門






光ファイバーの選び方


光ファイバ プロバイダ比較


高速モバイル通信


プロバイダーを徹底解説



当サイトについて


 Copyright(C) 2016 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 All rights reserved