プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 運営スタッフ紹介 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 サイトマップ


   プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 > 光ファイバーとは? > 光ファイバーのメリット&デメリット

光ファイバーのメリット&デメリット


光ファイバーとは?でも書いたように、光ファイバーはNTT局舎(NTT回線収容局)からの距離の影響を全く受けません。


ですから、NTT局舎から自宅までの距離が離れていて、ADSLでの高速インターネットが期待できない方、もしくは、現在の通信速度に不満な方には、光ファイバーの利用がお勧めです。



光ファイバー接続サービスを提供しているプロバイダーと契約すれば、NTT局舎からの距離に関係なく、最大100Mpbs〜1Gbpsの高速インターネット接続が利用できます。




…ただ、光ファイバーも良いことばかりではありませんので、このページでは、光ファイバーのメリット&デメリットを挙げてみたいと思います。





メリット1:NTT局舎からの距離の影響を全く受けない

先ほども書きましたが、ADSLと違い、光ファイバーの場合には、NTT局舎からの距離の影響を全く受けません。つまり、通信速度が高速で安定しているという事です。


ですから、現在、ADSLを利用していて通信速度に不満がある方や、ADSLよりも高速なインターネット利用したい方にお勧めです。




メリット2:通信速度の上り&下りの両方が高速

ADSLは、下り(ダウンロード)の速度を優先して速くする仕組みを採っている代わりに、上り(アップロード)の通信速度が遅くなりますが、光ファイバーの場合は、下り・上りの通信速度が同じです。


もちろん、ただ同じだというだけではなく、最大100Mbps〜1Gbpsのスピードが出るので、ストレスなく、インターネットを利用できます。




メリット3:高速インターネット通信が利用できるので、時間の節約ができる

ADSLの速度と料金、どっちを優先する?にも書いたことですが、通信速度が速いインターネットを利用するという事は、インターネット利用時のあらゆる面で、時間の節約ができるという事でもあります。


この「時間の節約」という面から考えた場合、光ファイバーの利用は、まさに一番良い選択と言えるでしょう。


…ただ、下の方に書くデメリット1、デメリット2には注意が必要です。




メリット4:マンションタイプの場合、料金が安くなる場合がある

ADSLの場合には、同じマンションに住んでいる人が、複数人で同じプロバイダーと契約していても、料金には何の変化もありませんでしたが、光ファイバーの場合には、同じマンション内での利用者数が多ければ多いほど、料金が安くなります。



ただ、安くなる条件として、一般的に、「同じマンション内において、8〜16人以上の利用者がいること」が設定されているので、自力でこの条件を満たそうと思うと、そう簡単にはいきません。

自分を除いて、同じマンションの住人を勧誘するなんて、そう簡単にできることではありませんからね(苦笑)。



もちろん、大きなマンションの場合、最初から8〜16人以上の利用者がいる場合もありますので、プロバイダーに申込みをする前に、自分が住んでいるマンションに、現在、何人の利用者がいるのか聞いてみることをお勧めします。


そして、既に8〜16人以上の利用者がいるのであれば、光ファイバーの月額料金が安くなっている可能性が高いので、積極的に、利用を検討してみると良いと思います。




メリット5:光ファイバー+IP電話光電話の利用で、料金が安くなる

電話回線を利用するADSLと違い、光ファイバーの場合は、電話回線は利用せず、光ファイバー回線を利用するので、電話回線は必要ありません。

つまり、NTTとの電話契約を解約することも可能で、解約すれば、月々1,500円〜1,750円ほどお金を節約することができます。



ただ、NTTの電話契約を解約してしまうと、固定電話(一般電話)が利用できなくなるので、その代わりとして、光ファイバーを利用したIP電話や光電話を利用します。



IP電話・光電話の基本料金は、無料〜525円からとなっていて、NTTの基本料金と比べれば、かなり安い料金に収まります。


おまけに、それまで使っていた電話機を利用して、NTTの電話となんら変わりのない電話サービスを利用できるようになるので、光ファイバーを利用するのであれば、電話の方も、IP電話や光電話に換えてしまった方が節約できます






デメリット1:通信速度がADSLより遅くなる場合がある

これはADSLのメリット&デメリットでも書きました。


ADSLでは、NTT収容局から各家庭・ビルに繋がっている電話回線を利用するため、光ファイバーのように一本の回線を複数人(世帯)で共有して使う形になっていません。

つまり、ADSLの場合は、イメージ的には、NTT収容局⇔各家庭・ビルまで「専用線」を使用している感じです。ですから、状況によっては、ADSLの通信速度の方が光ファイバーよりも速くなる場合があります。




この理由ですが、たいていの光ファイバーのプロバイダでは、「100Mbps〜1Gbps(1000Mbps)の光ファイバー回線を最大32人で共有して使う」という方法をとっています。



つまり…


・ 光ファイバー:最大1Gpbs÷32人=31.25Mpbs
・ 光ファイバー:最大100Mpbs÷32人=3.125Mpbs
・ ADSL   :最大:50.5Mpbs÷1人=50.5Mpbs



という状態になり、光ファイバーの方が、逆にADSLよりも通信速度が遅くなってしまう場合があるのです。ですから、「他の利用者の影響を受けない」という部分では、ADSLの方にメリットがあります




デメリット2:他の利用者の影響を受けてしまう

これは一つ上に書いたデメリットにも関連することですが、光ファイバーは、1本の光ファイバーを最大32人で共有して利用する仕組みになっているので、自分以外の他の利用者の影響を受けてしまいます。



例えば、自分と共有して光ファイバーを利用している人の中に、Winnyのようなファイル共有ソフトを利用して、大きな動画ファイルをダウンロードしているような人がいた場合、その影響をモロに受けてしまい、光ファイバーにしては、極端に遅い通信速度になることもあります。


つまり、光ファイバーは電磁波やノイズなど、外部からの影響には強いですが、内部(共有して利用している人の影響)は弱いのです。



光ファイバーは最大100Mbps〜1Gpbsの高速インターネットが期待できますが、これはあくまでも最大値であり、「光ファイバーを共有して利用しているみんなが普通の使い方をした場合に限る」ということを忘れないようにして下さい。




デメリット3:ADSLに比べて、料金が高い(特に一戸建てタイプ)

ADSLでは、低速で価格の安いプランも用意されているため、これらのプランを利用すれば、プロバイダーに毎月払う料金をかなり安くすることができます。


しかし、光ファイバーの場合には、基本的に、1つのプラン一つしか用意されていないため、プランの選びようがありません。ですから、料金を安くしようと思えば、できるだけ安いプロバイダーに変更することくらいしか選択肢がないのです。


ただし、上の方のメリット3・メリット4で書いたように、条件によっては、ADSLよりも安くなる場合もあります。




デメリット4:申込⇒利用開始までの日にちが長い(1ヶ月〜3ヶ月程度)

自分で取付ができるADSLと異なり、光ファイバーの場合には、”電柱や道路から光ファイバーを家の中に引き込む”といった、大掛かりな工事が必要となります。


ですから、ほとんどの場合、申込をしてから利用開始までに、1ヶ月〜3ヶ月程度待たされることになり、その間、インターネットが利用できないという状態になります。


ですので、できるだけ早くインターネットを利用したいという方には向いていません。こういう方には、光が利用できないならADSLでも書いたように、ADSLを繋ぎとして利用する方法がお勧めです。




デメリット5:マンションで新規に利用する場合、ハードルが高い

デメリット4で書いたように、光ファイバーを利用するには、電柱や道路から、光ファイバーをマンション・アパートの中に引き込む工事が必要となります。


これはかなり大掛かりな工事になりますので、大家さんから借りているマンションや、他の住民と一緒に住んでいる分譲マンションの場合には、自分の判断だけで光ファイバーを利用することはできません。



賃貸マンション・アパートの場合には、大家さんの許可が要りますし、分譲マンションの場合には、管理組合や他の住民の許可が必要になります。


こういった流れもあって、マンションに新規に光ファイバーを引き込む場合には、たとえ許可が降りて申込ができたとしても、利用開始まで3ヶ月〜6ヶ月の長期間待たされることも普通にあります。




デメリット6:ADSLのように簡単に乗換えができない

ADSLプロバイダ 乗換(解約)方法に書いたように、ADSLの場合には、解約の電話をした後、それまで利用していたADSLモデムを返却すれば、簡単にプロバイダーの乗換えができました。



ですが、光ファイバーの場合には、上に書いたように工事が必要なので、ADSLのように簡単にはいきません。

まず、自宅内に引き込んでもらった光ファイバー回線を撤去してもらう工事が必要になり、その後、光ファイバーの機器等を返却するという流れになります。



それに加えて、解約の場合には、回線撤去の際に工事代金が必要となるプロバイダーも多く存在します。


その上、現在利用しているプロバイダーとの光ファイバー契約を解約して、その後、別のプロバイダーの光ファイバーサービスに申込むとなると、工事の関係から、インターネットが利用できない期間が発生してしまいます。



「プロバイダーの乗換えで通信費を節約できる」という点に注目すると、光ファイバーは、かなりのデメリットを抱えていると言っても過言ではありません。



【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:10,000円】インヴァスト証券FX、口座開設+1取引だけ!
【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!

【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【サイト限定】FXプライム byGMO口座開設+取引で【合計13,000円】
【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!


【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:16,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債






プロバイダー選び入門






光ファイバーの選び方


光ファイバ プロバイダ比較


高速モバイル通信


プロバイダーを徹底解説



当サイトについて


 Copyright(C) 2016 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 All rights reserved