プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 運営スタッフ紹介 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 サイトマップ


   プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 > ADSLとは? > ADSL+無線LANは必要か?

ADSL+無線LANは必要か?


無線LAN を利用すれば、ADSLモデム⇔パソコンをLANケーブルで繋ぐ必要がなくなるので、ケーブルをなくしてスッキリさせたい方や、部屋が1階と2階に分かれている方、複数人(台)でインターネットを利用したい方等にお勧めです。




月額料金が525円〜1,050円ほど高くなりますが、新たにLANケーブルを購入する費用や、ケーブルを設置する面倒を考えれば、安いものだと思います。




ただし、無線LANは無線インターネット接続ということで、やはり、ADSLモデム⇔パソコンをLANケーブルで繋ぐのと比べると、インターネットの通信速度が低下したり、通信が不安定にるというデメリットがあります。


ですので、会社やビジネスで利用するのであれば、費用や面倒を考慮したとしても、LANケーブルとパソコンを繋いでのインターネットの方が良いと思います。


自宅で利用するのとは違い、仕事やビジネスでインターネットを利用する場合には、通信速度や安定は、やはり重要ですからね(;^_^A。





…さて、それでは、無線LANを利用するかどうか検討する際には、どんなポイントに気を付ければ良いのかを書きたいと思います。




LANケーブルよりも通信速度が遅く不安定だが、大丈夫か?

上でも書いたとおり、無線LANの場合は、LANケーブル⇔パソコンを繋いで利用するインターネットの時よりも、通信速度が遅くなり、不安定です。


ですから、元の通信速度、つまり、LANケーブル⇔パソコンを繋いで利用していた時の通信速度がかなり遅ければ、無線LANを利用したインターネットの通信速度はさらに遅くなります。


この点を考えると、元の通信速度が遅いのであれば、無線LANの利用はちょっとツライかもしれません。




セキュリティをかけると通信速度が遅くなるが、大丈夫か?

無線LANを利用する場合、何のセキュリティもかけずに無線インターネットを利用していると、電波垂れ流しの状態と同じですから(笑)、電波が届く範囲内であれば、誰でもアナタのインターネット接続が利用できる状態となってしまいます。


ですから、プロバイダから送付されてくる説明書にしたがって、無線LANのセキュリティ設定を行うことになるのですが、無線LANは、セキュリティや暗号化設定を行うと、その分、通信速度が遅くなってしまいます。




どの部屋で使うか?建物の構造は木造か?鉄筋コンクリートか?

無線LANは、携帯電話と同じように、電波を利用してインターネットに接続する方法ですから、当然、ADSLモデム(無線LANアダプタ)と、パソコンを利用する部屋との間に障害物(扉やドア等)があれば、その分、速度や安定は低下することになります。



また、無線LANを利用する建物の構造も考える必要があります。


例えば、木で作られた木造の建物で無線LANを利用するのと、鉄筋コンクリートで作られた建物で無線LANを利用するのとでは、当然、障害物(扉やドア等)の影響の大きさも変わってきます。



ですから、同じ2階建ての建物で、1階と2階で無線インターネットを利用する場合でも、1階と2階の間の構造が鉄筋コンクリートであれば、当然、構造が木造の建物よりも、通信速度は遅くなります。




平屋(1階部分のみ)で利用するのか、1階と2階で利用するのか?

1階部分のみでインターネットを利用するのであれば、LANケーブルでも良いと思いますが、1階と2階でインターネットを利用するのであれば、その分、長いLANケーブルを購入する必要がありますし、配線も難しくなります。


この辺を考えると、無線LANを利用した方が楽です。




何台のパソコンを利用するか?

無線LANインターネットを利用する場合、無線LAN機能が最初から付いているノートパソコンや、無線LANカード(USB)を指したパソコンの台数分だけ、インターネットが利用できるようになります。


ただし、「台数無限に利用できるのか?」と言えば、そうではありません。プロバイダーによって異なりますが、無線LANを利用して繋げるパソコンの台数には制限があります。



ですので、無線LANサービスを提供しているプロバイダーを選ぶ際には、「パソコン何台まで無線インターネットが利用できるのか?」という点にも注意する必要があります。


ちなみに、Yahoo!BBの場合は、「理論上は、1つの無線LAN契約で、最大126台まで利用できる(利用しても良い)」となっています。




お客さんや友達、家族などと、ネットを使いながら話をすることがあるか?

無線LANは、電波が届くところであれば、どこでもインターネットに繋がるので、「インターネットを利用する場所を選ばない」というメリットがあります。


ですから、例えば、オフィスに来客があって、パソコンを使いながら説明をすることが多い方や、友達や家族に、面白いページを見せたりするなど、「人と話しながらパソコンを利用する機会がある」という方にとっては、とても便利です。


また、寒い冬場は、コタツのある部屋でインターネットを気軽に利用できるという、素晴らしい特典もあります(笑)。




LANケーブルを購入する費用と比べて、どちらがお得か?

無線LANを利用せずに、複数のパソコンでインターネットを利用する場合、当然、ADSLモデムと各パソコンをLANケーブルで繋ぐ必要があります。


通常、LANケーブルは標準で1つしか付属していませんから、インターネットを利用するパソコンの台数分だけ、新たにLANケーブルを購入しなければなりません。


2台、3台程度なら、LANケーブルとパソコンを繋ぐ方法でも良いですが、それ以上となると、配線がわずらわしくなって見た目が悪くなる上に、ケーブルの購入代金もかなりの金額になります。




以上の点を考えて、無線LANを利用するかどうか、どのプロバイダーと契約するかを考えれば、プロバイダー選びやADSLのコース選びに失敗することはないと思います。




…ただ、使ってみると分かりますが、やはり、無線LANは便利です(笑)。


ノートパソコンを持ち歩けば、ベットや布団に寝転がってインターネットをしたりと、家中どこでもインターネットが使えますし、通信も、携帯電話と同じで、ある程度は安定していますから困りません(実際、携帯も極まれにしか切れませんよね?)。




また、会社やビジネスの際には、取引先やお客さん、社員などと、テーブルの上でパソコンを使いながら説明や会議をしたりということも、無線LANを利用していれば、簡単にできてしまいます。


上の方でも書きましたが、「パソコンを使いながら(見せながら)、人と話す」という機会が多い人にとっては、本当に便利です。




参考 : 高速モバイル通信とは?



【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:10,000円】インヴァスト証券FX、口座開設+1取引だけ!
【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!

【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【サイト限定】FXプライム byGMO口座開設+取引で【合計13,000円】
【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!


【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:16,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債






プロバイダー選び入門






光ファイバーの選び方


光ファイバ プロバイダ比較


高速モバイル通信


プロバイダーを徹底解説



当サイトについて


 Copyright(C) 2016 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 All rights reserved