プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 運営スタッフ紹介 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 サイトマップ


   プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 > 光ファイバーとは? > NTT局舎から遠いなら光ファイバー

NTT局舎から遠いなら光ファイバー


ADSLのメリット&デメリットでも書きましたが、ADSLの特徴として、NTT局舎(NTT回線収容局)からの距離が遠くなるにしたがって、インターネットの通信速度が遅くなるというデメリットがあります。



光ファイバーなら、このようなことはないので、NTT 線路開示情報システム(東日本) / (西日本)やBBスピードチェッカーを利用してみて、ADSLでは速い速度が期待できないと判断できたなら、光ファイバーを利用するのも賢い選択です。




また、動画が上手く再生できなかったり、ホームページ閲覧中にページが開く速度が遅く感じるなど、現在の通信速度に満足できていないという人にも、NTT局舎の距離に関わらず、高速インターネットが利用できる光ファイバーはお勧めです。



光ファイバー回線を引けば、もうインターネットの通信速度で悩まされることはありません。例えば、動画の再生や、重たいファイルのアップロード(メールに添付して送信)など、速い通信速度が必要な場合に、ストレスなく利用できると思います。




また、ずっと使い続けるなら光ファイバーでも書いたように、マンションタイプで16人(世帯)以上の利用者がいる場合には、ADSLよりもさらに安い料金で光ファイバーを利用できる可能性もあります。


ですので、マンションタイプで16人(世帯)以上の利用者がいる」という条件に当てはまり、かつ、NTT局舎からの距離が遠いのであれば、積極的に光ファイバーの利用を考えても良いと思います。


こういう場合、料金面から考えても、通信速度から考えても、メリット「大」です。





…ここでちょっと余談なのですが、正直なところ、現在はまだ、光(100Mbps〜1Gbpsの通信速度)でなければ利用できないコンテンツ(サービス)が出てきていないのが現実ですから、光ファイバーの利用を急ぐ必要はないと思います。



しばらくはADSLを利用して、高速通信でなければ利用できないコンテンツ(サービス)が本格的に出てきた時に、光ファイバーの利用を考えるというのも、選択肢として十分にアリだと思います。


それに、その時にはもっと光ファイバーが普及していて(利用者の数が増えていて)、今よりもさらに料金が安くなっている可能性もあります。





…と言うことで、少し話がズレましたが、最初に書いたことをまとめると、




・ NTT局舎から遠く、ADSLでは、速い通信速度が期待できない方
・ NTT局舎から遠く、今のADSL通信速度に不満がある方
・ 同じマンション内で、16人(世帯)以上の光ファイバー利用者がいる方





となり、この3つの条件のどれか、もしくは、複数に当てはまる方がいれば、光ファイバーを利用するメリットは大きいと思います。

プロバイダーを比較して、ベストな光ファイバー接続サービスを選んでください(*^^*)。




参考 : ADSLと光ファイバーの比較(違い)



【現金31万7,450円】が貰える現金プレゼントキャンペーン!
【現金:31万7,450円】が貰える「赤字覚悟」のキャンペーン!




【総額:31万7,450円】かんたん!現金プレゼントキャンペーン
【現金:5,000円】キャンペーン攻略法で簡単♪「DMM.com証券FX
【現金:10,000円】インヴァスト証券FX、口座開設+1取引だけ!
【当サイト限定】JFXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!

【当サイト限定】ヒロセ通商FXの口座開設+1取引で【現金2,000円】!
【サイト限定】FXプライム byGMO口座開設+取引で【合計13,000円】
【金券:2,000円】自動車保険の見積り比較で、マック&図書カード!


【金券:500円】車の査定・買取価格の比較で、クオカードプレゼント
【金券:16,000円】生命保険の無料相談・見直しで、全員にプレゼント
【元本保証・高金利】年金を増やせるマネックス債SBI債






プロバイダー選び入門






光ファイバーの選び方


光ファイバ プロバイダ比較


高速モバイル通信


プロバイダーを徹底解説



当サイトについて


 Copyright(C) 2016 プロバイダー比較 得するADSL・光ファイバーの選び方 All rights reserved